仕事

入社間もない新人の知識量と立ち位置と態度で変わる周りの反応

投稿日:

———————–
あなたは自分が新人として問題なく行動出来ると思いますか?
———————–
入社する会社がどんな会社だろう?
先輩や上司の人とうまくやれるかな?
そんな事をあなたは考えた事はありませんか?

スポンサーリンク

入社間もない新人の知識量

ここでお話する知識量とは、
1.一般常識
2.気遣い
3.社内とその業界における会社の立ち位置
に対する知識量になります。
専門知識も必要ですが、今回お話する内容はこの3つになります。

まず、一般常識についての知識量とは
挨拶は自分からする、時間通り出勤する、仕事はサボらない。
メモを持ち歩き、学ぶ姿勢を常に持つ、
自分の我を通し過ぎないなどと言った
こう言った所ですね。
報連相の観点から、わからない事は自分から率先して確認をする。
間違えた場合の改善までにかかる時間や量はありのままを伝える事。
挨拶を気持ち良くしているかなど
入社までにあなたがどの様に過ごして来たか。
入社までに一般常識に対して興味を持った事があるか。
そこをまわりからの評価として受ける要因になります。

スポンサーリンク

気遣いについての知識量とは
周りが面倒そうにしている事を率先して行う
コーヒーを出す機会もあるでしょう。
好みの飲み物や食べ物の好みを日常の会話から捉え、
把握した件については上司や先輩から指示がなくても出来る様な状態にしておくと高評価になります。

社内とその業界における会社の立ち位置に対する知識量とは
あなたが入社する会社の業種、業界の種類、
会社が生産者なのか販売店、代理店、商社なのか
他のどんな会社とどの様な関係を持っているのか。
そちらについての知識になります。
ただし、あなた自身お見た時、会社内の情報、
何故その仕事をするのか、全体の把握が一切できない状況ではないでしょうか?
そこで必要になってくるのは謙虚さになります。

入社間もない新人の立ち位置

前職が同じ業界でった、専門知識を学生時代学んだ、その仕事に元々興味があった、など
と言った事がない限り、あなたの立ち位置は、内部から見たその会社の
あなたの位置づけは一番下になる事が多いですね。
もし、入社1年目で改革を起こしたい!と言うケースの場合は
本当に業務改善になるのかを先輩や上司に確認を取ってから
行動に移す事をオススメします。
そうすることで、あなた自身の立ち位置も把握しやすくなり、その後の仕事へと
プラスに働いてくれます。

まとめ

一般的に言われている知識とは違う視点で今回は話を進めました。
どうだったでしょうか?
参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

-仕事
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

どこの会社でも使える新人の仕事に対する心得6項目

———————– 新人の仕事に対する心得 ————&#8 …

パソコンを長時間使用した際の目の疲れの原因と簡単な改善方法

———————– パソコンの目の疲れ、瞬間的に少し回復させる方法あります! —— …

長時間継続して作業するよりも効率的な方法!

———————– 根をつめて集中するのは逆効果? ———&#8212 …

優れたリーダーの共通点4種!

———————– どんなリーダーの元なら自分から動きたくなるか ——&#8212 …

ネガティブ思考の人の短所と長所はどんな所でどんな風に指導すべきか

———————– ネガティブ思考な人の指導で悩んでいませんか? ——&#8212 …