仕事

どこの会社でも使える新人の仕事に対する心得6項目

投稿日:2018年5月30日 更新日:

———————–
新人の仕事に対する心得
———————–

就職、転職で新社会人になるあなたへ
この度は希望の会社からの内定、おめでとうございます。
今は就職課有働を終えた安心感と、これから入社する会社への期待と不安で
いっぱいではないでしょうか。
今回は新人のあなたが知っておくと後々楽な方法や視点について
ご説明していきます。

スポンサーリンク

新人の仕事に対する心得

1.謙虚である事(我を張らない)
あなたがその職場に入社するにあたって、まず1年目はその会社の
「市場調査をする」と言う気持ちで入社し、継続する事をオススメします。
何故なら、面接や筆記試験の時は、入社する会社を外側からしか見る事が出来ませんでした。
「百聞は一見に如かず」物事を外野から見るのとその状況や枠の中に実際に入って見る光景は
全く異なる場合もあります。あなたがもし、どんなに優秀で、その仕事に必要な資格を
持っていたとしてもその方法が入社する会社に最終的に合うかどうかを判断するのは
上司やお客様です。まずは周りの方があなたの市場調査に強力して頂いている事を
きちんと理解してください。
「間違っても私は今までこうして来た」を押し通す事がない様に。

2.メモ帳とペンは常に携帯する事
これは学びの姿勢の現れとして周りから見られる項目です。
TPOをわきまえた上で自分が必要と感じた事はどんどん
メモを取って、空いた時間で読み返します。
メモを取る事が目的ではなく、覚える事が目的ですので
メモを取ったら取りっぱなしと言う事がない様にしましょう。
また、もしメモを取れる環境でないのなら、
後からメモをし、「こんな事があった」と記憶しておくだけで、
その時聞けなかった事についてあなた自身から疑問が生まれ
先輩や専門の方など他の方に質問できる案件が増えます

スポンサーリンク

3.周りの嫌がる仕事は率先して
新人の最大の仕事の一つですね。
内勤、営業、接客など、業種に関係なく、まずは自分の部署や会社を味方につける事。
これはどの仕事をする上でも基礎になる部分です。
これが出来ると質問や調整のお願いをする際にあなたの力になってくれる人が
出てくるでしょうし、それは複数です。
そのためにもまず、「あなたを知ってもらうために」
人が嫌がる仕事は常識的におかしい物でない限り、率先してやるようにしましょう。

4.時間の厳守
日本は社会人として時間にルーズで良い国ではありません。
5分前行動や納期のある物については物理的に
不可能な物は不可能な事を失礼の無い様に伝え
それ以外は時間通りに完了ではなく「指定された時間より早く終わる様に」
行動する癖を付けましょう。

5.わからない事は率先して聞く
新人の仕事はまず「わからない事を質問する事」です。
よくここを勘違いする方がいらっしゃるんですが
先輩が忙しそう、どのタイミングで聞いて良いかわからず
質問しないままにする人がいます。
それはその時は良いかも知れません。
しかし、そのままにしておくと、周りからすると
「理解した」と勘違いされてしまう要因になり兼ねない事ですので
自分から率先して質問や確認をしていきましょう。

6.指示された範囲での行動
どんなに1~5の項目を実践したとしても
上司の指示に従えなければ、それはパワハラでない限り、
新人の報連相が出来ていない事になり、
最悪、上司が責任を取れず、あなたが退社せざるを
得ない状況になってしまう可能性もあります。
入社間もなくはどこに何を聴いて良いかもわからないと思います。
ですから、まず上司や専属の指導者の方の指示の範囲で行動する様にしましょう

以上、6項目を説明しましたがいかがでしたか?
あなたの入社される今の状況が少しでも楽になれば幸いです。

スポンサーリンク

-仕事
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

真面目で頑張り屋はあなたにこそ読んで欲しい心のケアの話

———————– うさぎと亀のかけっこの話をご存じですか? ———& …

こんな人は絶対将来大成する!将来有望な人の特徴5項目!

———————– この人の将来が見てみたい! そんな人は近くにいませんか? —— …

優れたリーダーの共通点4種!

———————– どんなリーダーの元なら自分から動きたくなるか ——&#8212 …

長時間継続して作業するよりも効率的な方法!

———————– 根をつめて集中するのは逆効果? ———&#8212 …

これからのリーダーに求められるスキル5項目

———————– あなたはどんなリーダーが 一番良いと感じますか? ——&#82 …