引越

秋のアパート探しはいつから情報集めをすべき?メリットとデメリット

投稿日:2018年7月4日 更新日:

———————–
秋のアパート探しは交渉のしやすさを取るか物件の豊富さで選ぶか!
———————–
秋は賃貸物件探しで言うと第二の繁忙期と言われていますね。
そんな中で、実は好みによって狙い目な月が変わるのを知っていますか?
今日はその辺りについてまとめていきます。
基本的な貯金の基準については夏の方で最初に説明していますので
こちらを参考にしてください。https://nihonnoichisaito.com/189.html

スポンサーリンク

秋のアパート探しでオススメな時期①

秋のアパート探し、9月10月は
丁度四半期の区切りと言う事もあり
社会人で転勤の方が多く、ファミリー層向け、単身者共に
引っ越し先のアパート探しをする人が多い時期になります
これは年間の時期としては1~3月に次いで2番目の
不動産からすると繁忙期になります。
と言っても、物件も豊富な時期になるため、下見等近場であれば
少し時間をかけて調べられる時期ではないでしょうか。
この時期のメリットは物件の多さ、快適な気温で
下見や引っ越し作業などに暑さや寒さ共に
ストレスを感じず集中できる期間でもあります。

スポンサーリンク

秋のアパート探しでオススメな時期②

夏のアパート探しの記事でも説明していますが
8月は暑さをの除けば
敷金礼金、もしくは家賃交渉のしやすい時期でもあります。
と言うのも8月は一年の内で1番入居が少ない時期でもあり
アパートの大家さんとしても空き部屋をひとつでも減らしたいため
敷金や礼金が冬に比べて1~2ヶ月分安く済むケースもあります。
もし入居時期を少し早められる様であれば
8月盆入居の形をとり盆のまとまった休みに
引越を進めてしまうのもありかも知れませんね。
ただし、もし提示された敷金礼金を値切りたい場合は
不動産会社を通す事と、即入居の意志を伝えた上でであれば
失礼はないでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?
どちらの場合も下調べは2~2.5か月前からはじめておくと
物件を探しやすいと思います。
何度も不動産へ足を運べるのであれば
ロフト付き、収納多め等色んな条件も合わせた上で何度が相談してみるのも手ですね。
あなたに合わせた良い物件が見つかります様に。

スポンサーリンク

-引越,
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

春のアパート探しの情報集めはいつからがいい?メリットとデメリットは?

———————– 春のアパート探しは時間との勝負! ———&#821 …

季節毎のアパート探しのメリットやデメリットまとめ

———————– 季節毎のアパート探しはそれぞれメリットデメリットは何でしょうか? —&#8 …

秋の紫外線の量やあなたの対策は塗りすぎ?ほどほどにしましょう!

———————– 秋の紫外線対策、どんな風に考えていますか? ——— …

秋の運動会でおにぎりを手作りする場合の方法や注意点

———————– 気温の変わりやすい秋のおにぎりはどこに気を付けたら良いの? —&#8212 …

ハロウィンのトリックオアトリートでの基本知識と量やもらえる範囲

———————– トリックオアトリート!せっかくなら楽しいイベントに! ——&# …