生活

夏に冷たい飲み物を取ると夏バテになりやすい?真相と改善方法

投稿日:2018年6月28日 更新日:

———————–
夏はついつい冷たい飲み物を飲みたくなりますよね?
———————–
真夏の太陽の下、長時間外で過ごしていると
ついつい冷たい飲み物が欲しくなってしまいますね。
そんな甘い誘惑をしてくる冷たい飲み物が夏バテを引き起こしてしまうのか
そこについて説明していきます!

スポンサーリンク

夏に冷たい飲み物は夏バテになりやすいか?

結論から言うと、大量に短時間で摂取する事が多いと
夏バテにはなりやすくなってしまいます。
理由としては
内臓を弱らせてしまうから。
私たちは皆例外なく、体温があります。
それは内臓も同じで冷たい飲み物も少量であれば
内臓の体温に中和され、特に内臓に負担をかけずに済みます。
ですが、消化器官の内臓も冷たい物を大量に摂取してしまうと
働きが悪くなってしまい、
食欲低下・下痢に繋がり夏バテと言う状態になってしまいます。
ちなみに、「夏バテ」と言う医学的用語はないので
食欲低下や下痢、睡眠不足等の要因により体力がなくなってしまう状態になる。
と言った方が正しい話ではあります。

スポンサーリンク

夏に冷たい飲み物を正しく飲む方法

実際に水分は取らない方が良いのか、と言うと
今度は完全に水分を取らないと熱中症になってしまうケースも
出てしまいます。
ではどんな飲み方が良いかと言うと
一回に飲む量を減らす事。もし大量に飲みたい場合は
回数を増やし、こまめに水分補給をする事。
こちらが大切になります。
もしキンキン冷えていなくても冷たい飲み物を大量に飲みたい!
と言うのであれば冷蔵庫や自動販売機等と言った
冷たい所から出した状態で5分放置してから飲む事。
こうする事で夏であれば水分の温度は15℃まであがり
完全に出してすぐの状態で水分を取るより
消化器官に悪い影響を与えにくい状態になります。

夏のその他の夏バテ対策

簡単にではありますが可能であればお湯を飲む事。
夏バテはクーラーによる室内と外の温度差や
体温と消化物の温度の差など
温度差に身体がついていかずに体力を奪ってしまうケースも
あり、夏にお湯を飲む事は良い夏バテ対策と言えます
また、汗をかく機会が増えますので
汗と一緒に体外に出やすい塩分についても他の季節よりも
多く取る事をオススメします。

まとめ

ビアガーデンやアイスがおいしい季節ですね!
冷たい飲み物の誘惑が多い夏ですが
夏バテは免疫力の低下、睡眠時間・質を低下させてしまう
夏風邪が大好きな状況でもあります。
日ごろから対策を取って楽しい夏になればと思います!

スポンサーリンク

-, 生活
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

精神的ストレスを抱える人を支える人が考えておく事

———————– あなたの存在がその相手にとってすでに有難い存在だと気づいて下さい。 —&# …

相談にのるのが下手な人必見!相談する人の心境とうまくなる方法!

折角自分の大事な人が 自分に相談してくれたのに 上手く相談に乗れずに大事な人のためになることが出来ず がっかりしてしまった。 そんな経験はありませんか? また、目上の方からの相談にあなたとの関係がまる …

モラルの意味とは?人間関係においてモラルを守る意味は!?

モラルについてかなり頻繁に耳にする事もあるでしょう。 ニュースではモラルハラスメント、モラハラについて取り上げている 物も最近では少なくありませんね。 ではモラルとはそもそも何なのか。 また、人間関係 …

近くにいてホッとする、安心する人の共通点8項目とは?

———————– 安心できる人にも共通点がある!? ———&#821 …

真面目で頑張り屋はあなたにこそ読んで欲しい心のケアの話

———————– うさぎと亀のかけっこの話をご存じですか? ———& …