生活

精神的ストレスを抱える人を支える人が考えておく事

投稿日:

———————–
あなたの存在がその相手にとってすでに有難い存在だと気づいて下さい。
———————–
突然こんな事を言ってしまうと「え?」と思ってしまうかも知れません。
ですが
あなたはあなたの大切な人のために
何か自分が出来る事はないか?
何か状況を変える事は出来ないか?
そんな事を想いながらインターネットを探して、
この記事に辿り着いたと思います。
今日はそこについて20代の頃から、精神的に一杯一杯になった時期と、精神的にストレスを抱えた人と
接してきた私なりに説明していきます。

スポンサーリンク
  

精神的ストレスを解消する方法

あなたの大切な方が相手や周りの事を考える人であれば、
負の感情を周りから受けているケースが考えられます。
そう言った状況を向き合う方法として
「あ・と・で」と
「マインドフルネス」
と言う考えがあります。

「あ・と・で」とは

あ。。。焦らない、焦らせない

 結果が出ない事に対して、状況が改善しない事に対して
 大切な人自身が焦らない様にさせる事、また、周りから
 その事に対して焦らせるような言動、行動をしない

と。。。特別扱いしない

 精神的にストレスを抱え、それが溜まっている人の中には
 周りに自分の精神的ストレスが原因で周りに動いてもらう事自体に
 気を使ってしまう人もいます。
 その場合は悪いのは大切な人ではないと伝え自然体で接する事が重要です。

で。。。出来る事、出来ない事の判断を付ける
 どんなに頑張っても出来る事、出来ない事が存在します。
 そしてそれは大切な人の精神状態からして、通常以上に
 多くなるはずです。その際は、その気持ちを肯定しつつ、
 元気な時とは違う事を伝える事が大切な人の視点を広げる事に繋がります。

そしてこの3つの「あ・と・で」
と言う頭文字はあなたが今考えている事は保留にして良いんですよ
と教える事でもあります。

マインドフルネスとは?
精神的ストレスを抱える人は「逃げず、力まず、妄想せず」の3要素の原因を持ち、どの点に
自分がストレスの原因があるかを考える方法であなたが精神的ケアをしていく時に
質問や会話の中に入れて行く事をオススメします。

「逃げず」。。。解決しなければいけない問題から目を背けている状況
        ただし、命の危険がある場合は逃げなければいかず
        その逃げる、逃げないの判断が出来ない状態にある状況
        その原因に視点を合わせる事でストレスの原因に目を向ける

「力まず」。。。肩に力が入るとはよく言いますが、必要以上に
        その問題に力を入れ過ぎている状況で周りが見えなくなってしまっている状況に
        気づき、視野を本来あるべき姿に戻す

スポンサーリンク

「妄想せず」。。。あの人は怒っているのではないだろうか?
         あの人に迷惑をかけてしまって傷つけてしまったのではないだろうか?
         あの人達は私のうわさ話をしていたけれど、もしや私を
         仲間外れにするつもりではないのか?
         と言った本来ないはずの現象、妄想部分の誤解を解く、もしくは
         妄想を現実の距離を縮める

逃げるに関しては近くにストレスの原因があり
命や精神的な危険を感じた場合
引越しや転職、休職など、その場から離れる事も視野に入れて考える事をオススメします。

精神的ストレスや精神病に完治はない

精神病の世界では完治と言う言葉は使いません。
一見、完治した様に見えても同じ様な状況下におかれた時、
ストレスの原因を目にする、もしくはストレスの原因を連想させる場に居合わせた時など
ふとした瞬間に症状が一時的に出てしまうケースもあるからです。

2か月~6年で症状がかなり軽減される事はありますが
基本的に風邪やインフルエンザの様に1日~1週間で解決するものではなく
長期間精神的ケアが必要である事をきちんと頭に入れてください。

そうすることであなたの大切な人だけでなく、
あなた自身も肩に力が入りすぎず、
自分自身の心のケアにも目を向ける余裕が出来るはずです。
逆にあなたの大切な方の肩に力が入りすぎている様であれば
何もしないで済む日を作ったり、リラックス出来る状況を
準備してあげる事も考えられるはずです。

精神的に支えようとする想い自体が有難い場所

実はあなたの大切な人のために何かをしようとする事は
ストレスを抱える人にとってそれだけで有難い事です。
あなたは原因が解決出来ていない事に不安になるかも知れませんが
空を飛んでいた鳥が羽を休めるために降りる木の様に
落ち着ける場所があるだけで、
一杯一杯で、ストレスの原因と向き合う場所から一時でも
離れる事が出来る。これは本当に精神的に安らげる場所になります。

何気ない会話でも、あなたの大切な人のその日にあった事の愚痴を聞くだけでも構いません。
誰かに話しを出来るだけであなたの大切な人のストレスを軽減出来ている事に
あなたが気付いて下さい。
そうする事で、支える側であるはずのあなた自身を認める事にも繋がり、
逆にあなたまでストレスを抱える現象を軽減出来ます。

まとめ

私は、20代の頃、夜が来るのが嫌でした。何度も最悪も考え、
それが出来ない日々を過ごしてきました。
また、眠れない日が来るのかと。そんな日常を2年以上も続け、
その経験を元に職場で、プライベートで精神的ストレスを持つ方の
相談に乗ってきました。
その中でも私がどちらの立場でも共通で思う事、
また、相談に乗る方の言葉は
「支えてくれる人がいてくれて良かった。」
その言葉が一番多い様に感じます。
精神的ストレスの原因を取り除く事をあなたは望むかも知れません。
もちろん、それが出来ればそれに越したことはない事はあなたやあなたの大切な方はわかっているはずです。
ですが、現状を少しでもケア出来る方法についても重要である事。
これを忘れずに向き合って頂けたら、と思います。

スポンサーリンク

-生活
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

精神病が甘えって本当?どこを受診すべき?薬と並行出来る解決策は?

———————– 精神病は心の病気、だけど。。。 ———&#8212 …

夏に冷たい飲み物を取ると夏バテになりやすい?真相と改善方法

———————– 夏はついつい冷たい飲み物を飲みたくなりますよね? ——&#82 …

部屋が片付かない理由はここにあった!片づけのコツと綺麗が続く方法

———————– 部屋の片づけ、難しく考えてませんか? ———&#8 …

思いやりのある人が心無い人に学ぶことと否定して良い事

———————– 人間関係で傷つくのはいつも思いやりのある人 ——— …

料理上手になるための方法を元居酒屋店員が暴露!6項目!

———————– 料理の上手な人、 中々上達しない人の特徴とは? ——&#821 …